太極拳クラス

★太極拳クラスは制定拳と、伝統拳を学んでいます

日中武道研究会 東海支部の太極拳クラスでは、
大きく二つの系統の武術を学べます。

①制定拳(簡化24式太極拳・32式太極剣)

 制定拳といわれる太極拳は、第2次世界大戦後に中国政府が、国民の健康増進と中国の伝統文化の普及目的に、著名な武術家に楊式太極拳をベースに作らせた太極拳です。

②伝統拳(楊式太極拳1段~3段、楊式刀)

 太極拳の源流である陳式太極拳14代伝人陳長興の弟子、楊露禅から3代にわたり研鑽改良されまとめられ、3代目の楊澄甫が開発にいたった大架式の太極拳です。

 伝統拳としての風格は、制定拳とは似て非なるものです。

 やはり武術、戦うことが前提に練られてきた伝統武術を、ぜひ学んでみてください。

★ 推手・護身術(手ほどき)ー制定拳・伝統拳

 推手とは、太極拳の攻防を学ぶ上に必要な対練(二人一組での練習)

 またリクエストにより随時、護身術を行うこともあります。

 これらの練習により、太極拳を実戦レベルまで養います。
(ただし、戦うことを前提とせず、あくまでも身を守るために学んでいます

★ 太極拳を学ぶコツ

練習はまず形を覚えることから入り、次に呼吸、気のめぐりなどを意識するよう練習します。

武術としてのパワーを得るためには、
心と意を合わせ、意と気を合わせ、気と力を合わせなければなりません。

これを内三合といいますが、ゆっくり動く太極拳はこれをしっかり練ることができます。

 また、実際に技として、どうやって使うのか用法なども交えて、学んでいただけます。

 もちろん、健康増進のために作られた制定拳ですから、無理なくゆっくり動くことが、健康増進につながります。

 ご自分のペースで、取り組んでいただければ結構です、けして慌てて覚える必要もありません。

 中国武術は、とても奥の深いものです。

 太極拳の魅力に、ぜひ引き込まれてみてください。

 今週末にでも、見学にいらっしゃいませんか?